おいしいチョコレートと出合う旅

barbero_01

「本当においしいチョコレートを探したい」そう思い立ったオーナー夫婦が、ヨーロッパへチョコレート探しの旅に出たのが9年前。

フランスやベルギー、イタリア各地でチョコレートを食べ歩いて出合ったのが「バルベーロ」でした。そして、イタリアにも1店舗しかないバルベーロのショップを、世界初出店として自由が丘にオープン。

イタリアでは、朝食、午後の休憩、仕事帰りの一杯など、1日に何度も通える憩いの場としてのバール文化が根づいています。

ふらりと気軽に訪れてはエスプレッソと一緒にチョコレートが食べられる、そんなバールのようなお店を目指して、店内にはカウンターを設置。自慢のエスプレッソと一緒に、ひと粒からチョコレートを注文することができます。

チョコレートショップというと女性のお客さんが多いと思いますが、取材中にも、一人、二人と男性客の姿が。贈り物はもちろん、普段も近隣の方がふらりとエスプレッソ目当てにやってきては、チョコレートをつまんでいく。開店当時に思い描いていたように、日常の憩いの場として確立しているようです。

barbero_02

barbero_03

ここでしか味わえないブリオッシュ・コン・ジェラート

barbero_04

ショップでは、本店から空輸したチョコレートのほか、自由が丘店のみで作られるさまざまなスイーツメニューがいただけます。とくにおすすめしたいのが、ブリオッシュ・コン・ジェラート。あたたかいブリオッシュに冷たいジェラートを挟んだ、イタリア・シチリアでは有名なスイーツです。溶けたジェラートがブリオッシュにじわっと染み込んで、何ともいえないハーモニーを生み出します。

「パンにアイス?」と驚いている方、本当に相性抜群なんです。ジェラートは店内で作り、ブリオッシュは、イタリア本場で食べ歩いて研究した後、浅草にあるパン屋さんで特注するこだわりよう。

おすすめは、チョコレートとヘーゼルナッツの組み合わせ。チョコレートはもちろんバルベーロのものを使用。ヘーゼルナッツは、まるでナッツをそのまま食べているかのように、香ばしさや濃厚さが絶妙に表現されています。

まだまだ日本ではなじみがないスイーツ、ぜひ一度試してみてください。

商品リスト
チョコレート
290円