はじめてRITARU COFFEEの「KUNSEI COFFEE(以下、燻製珈琲)」を知ったのは、渋谷LOFTの3階でした。

LOFTは、新しくて素敵なものが集まっているイメージがあり、よく立ち寄るお店のひとつ。あるとき、3階のコーヒーコーナーに「KUNSEI COFFEE」と書かれたシックなパッケージに目が留まりました。

「燻製の珈琲…?」

LOFTスタッフさんに聞いてみると、自家焙煎した珈琲豆を北海道産の木を燻し煙をくぐらせた、ほんのり燻製の香りがする珈琲なのだそう。箱は、エゾマツの粉末を混ぜた紙「エゾマツクラフト」を使用している、“メイドイン北海道の珈琲”。

写真提供