「あれ?ここにお店なんてあったっけ……?」

いつもよく通る道、いつもの日常、いつものわたし。変わらない毎日で違ったのは、そこに新しいお店ができていたこと。