コンセプトは「コンフォートフード」。心もからだも喜ぶ、心地よいスイーツを提供

topike_01.jpg” alt=”gelatopike_01″ width=”1860″ height=”1232″ class=”alignnone size-full wp-image-16431″ />

ふわふわ、もこもこ、さらさら、すべすべ……。着心地のよさにこだわったルームウェアブランド「ジェラート ピケ」がプロデュースするのが、「ジェラート ピケ カフェ」。厳選された素材を使い、丁寧な手づくりにこだわった本格フレンチクレープを提供しています。

カフェのコンセプトは「コンフォートフード」。ウェアと同じく、大切にしているのは「心地よさ」。食べた人が安心して笑顔でいられるようなメニューにこだわっています。

topike_02.jpg” alt=”gelatopike_02″ width=”1860″ height=”1232″ class=”alignnone size-full wp-image-16432″ />

今回訪ねた池袋店は、ジェラートピケカフェの中でも、本格的なフレンチクレープに特化したクレープリー。他の店舗にはない開放的なテラス席がとても心地よい路面店です。かわいくラッピングされたクレープを手にしたお客さんたちはみんな笑顔。前を素通りするのはなかなか難しい、クレープの吸引力を感じます。

フランス産の小麦粉を使用したオリジナルのミックスフラワーに、エシレ村産のバター。本物志向の大人に贈る本格派フレンチクレープ

topike_03.jpg” alt=”gelatopike_03″ width=”1860″ height=”1232″ class=”alignnone size-full wp-image-16433″ />

「クレープ」と聞くと、学生さんや若い世代に人気、というイメージがあるかもしれませんが、こちらのクレープは大人に向けて発信されているもの。小麦粉はすべてフランス産のものを使用したオリジナルのミックスフラワー。バターは最高級のエシレ村産バターを使用するというこだわりように脱帽です。

はじめてこちらのクレープを体験するならまず味わってほしいのが、素材本来の味が楽しめる「エシレ村産バターとお砂糖とクレープ」。店長の鈴木夏実さんもイチオシの、「ジェラート ピケ カフェ クレープリー」の代名詞的存在です。

キッチンはガラス張りで外から見えるようになっているので、オーダー後、スタッフが丁寧にクレープを焼き上げる姿を眺めながらわくわくと待つことができます。

焼き上げるその手もとを見ていてまず驚くのが、大胆かつ贅沢なエシレ村産バターの使いっぷり! 焼いている途中のクレープに、まるごとそのままのバターをぐりぐりと塗りつけていくのです。

topike_04.jpg” alt=”gelatopike_04″ width=”1860″ height=”1232″ class=”alignnone size-full wp-image-16434″ />

正直、こんな贅沢な使い方、見たことありません! 思わず心配になって「こんなに思い切り良く使ってしまっていいんですか?」と聞いてしまったほど。もちろん、きちんと一枚あたりの使用量の目安があるので大丈夫だそうです……。

topike_05.jpg” alt=”gelatopike_05″ width=”1860″ height=”1232″ class=”alignnone size-full wp-image-16435″ />

リッチなコクと奥深い味わい。一度食べたら忘れられないおいしさに感動!

topike_06.jpg” alt=”gelatopike_06″ width=”1860″ height=”1232″ class=”alignnone size-full wp-image-16436″ />

焼き上がったクレープは、スタッフによってテキパキと巻かれ、あっというまに完成。そのフォトジェニックな姿にときめきつつ、まずは上の方からひとくちぱくり。噛んだ瞬間、その豊かな香りと奥深い味わいに感動!

topike_07.jpg” alt=”gelatopike_07″ width=”1860″ height=”1232″ class=”alignnone size-full wp-image-16437″ />

外側はサクサクっと香ばしく、内側はもちもちっとやわらかです。エシレ村産バターの香りが口いっぱいに広がって、舌の上でゆっくりと溶けていきます。

topike_08.jpg” alt=”gelatopike_08″ width=”1860″ height=”1232″ class=”alignnone size-full wp-image-16438″ />

そして適度な塩味がまたよいアクセントになっていて、バターのコクを引き立てまくってくれるのです。そうか、クレープの主役は、中身ではなくて生地だったのか!! と改めて気づかされる、ある意味ショッキングなおいしさです。

ちなみに気になるカロリーですが、一枚200kcalくらい。バターをたっぷりと使っているのに、意外と低いのもうれしいですね。

食べ方にルールはありませんが、やはり、焼きたてをアツアツのうちに。

フレンチスタイルのクレープは、基本的にすべて熱い状態で提供されるもの。特にまわりのさくさく感は、焼きたての状態がベストです。ぜひ、その場でぱくりと味わってみてくださいね。

それでもやっぱり、冷たいものが食べたい! という方には、オプションでジェラートをトッピングすることも可能。生地はアツアツ、中はひんやり、なマリアージュを楽しんでください。

お食事系クレープの「サレ」や、クレープに合うドリンクも充実

topike_09.jpg” alt=”gelatopike_09″ width=”1860″ height=”1232″ class=”alignnone size-full wp-image-16439″ />

その他のメニューも充実していて、オリジナルクリームやジェラートのトッピング、チーズやラタトゥイユ、パストラミビーフやほうれん草などが入ったお食事系の「クレープサレ」など、実に多様な品ぞろえ。

プレーンな生地には上白糖、カカオ味の生地には「カソナード」(さとうきび100%のフランス産ブラウンシュガー)、抹茶味の生地には黒糖と、味によってそれぞれ相性のよい3種類の砂糖を使い分けているというから驚きです。

もちろんすべてのクレープは、オーダーが入ってから焼き上げるので、「プレーン生地だけどきび糖を使ってほしい」などといった、メニューにはないカスタムオーダーもOK。お客さまとの会話を大切にし、ひとりひとりと向き合った、オーダーメイドなカフェスタイルを大切にしているのだそうです。

topike_10.jpg” alt=”gelatopike_10″ width=”1860″ height=”1232″ class=”alignnone size-full wp-image-16440″ />

テイクアウト専門のショップですが、池袋店のみ、店内にイートインスペースもあるので、座っていただくことも可能。

グアテマラ産の豆を使ったオリジナルブレンドのコーヒー、保存料・着色料を使用しないコーディアルシロップを使ったヘルシーなソーダ、野菜やフルーツがたっぷり入ったスムージーなどのドリンクも豊富。ぜひクレープと一緒に思い思いの時間を過ごしてみてください。

店長の鈴木さん曰く、「エシレ村産バターとお砂糖のクレープ」に合わせるなら、すっきりさわやかな甘みの「ジンジャーピーチティー(480円)」がおすすめだそうですよ。

「毎日でも食べたい!」と思ってもらえるように、厳選された素材と丁寧な手づくりにこだわったジェラート ピケ カフェのクレープ。特別な日ではなく、デイリーに味わいたくなる、親しみ深いおいしさでした。

商品リスト
エシレ村産バターとお砂糖のクレープ
520円