いちごとスポンジ、生クリームの黄金率

wako_01

いちごのショートケーキは誰もが知っているお菓子で、構成もシンプル。赤と白が重なるルックスもかわいらしくて、日本人なら誰もが愛するケーキだろう。

「和光アネックス ティーサロン」でいただくいちごのショートケーキ「フレージェ」は、長年ファンの多いひと品だ。さまざまな美しいケーキが並ぶショーケースを前にして、複数買う人なら「まずは『フレージェ』」という人が多い。どこのお店でも人気アイテムのショートケーキなのだが、この凛とした佇まいがそうさせるのだろう。

なにしろ、スポンジと、スライスしたいちごを並べた生クリームの厚さを揃えた層の美しさたるや! すっと直立する姿も見目麗しく、なんともエレガント。フォークを入れればきめ細かなスポンジのキレがよく、いちごが薄く切られているのですべての層をするりと取ることができる。日本人にとってショートケーキはお誕生日やクリスマスのケーキだから、この瞬間、なんとなく高揚感。

wako_02

そして、ケーキのなんて整った味! すっきりとした生クリームと繊細なスポンジ、そしてフレッシュないちごの甘酸っぱさが一度に押し寄せてくる。特に、相田紀昭シェフが「テイクアウトのお客様のために、生クリームがだれないようにしています」というとおり、クリームのおいしさにノックアウトだ。

いろいろな生クリームを試してみてようやく見つけたという乳脂肪分42%の生クリームはしっかりとコクがあり、すうっとした口溶けが快感。空気をたっぷりと含ませることで、時間が経つとスポンジになじんでケーキがしっかりと一体化するという。

卵黄を多めに使ったスポンジも、国産だけを使うといういちごも当然おいしいのだけれど、いつもは脇役のように存在する生クリームの存在が気高く、愛おしい。シンプルながら三位一体とはこのこと、と実感する3つの味の黄金率を。

wako_03

商品リスト
フレージェ
756円