第1回 人参のムースケーキ
第2回 完熟トマトのレアチーズケーキ

tanitapumpkin_01

しっとりほくほくの北海道産「えびすかぼちゃ」を使用!

「かぼちゃのベイクドチーズケーキ」は、かぼちゃの風味がとても濃くておいしかったです!

加藤「完熟トマトのレアチーズケーキ」は夏の商品ということでさっぱりとさせていましたが、「かぼちゃのベイクドチーズケーキ」は秋の季節のスイーツなので、濃厚な仕上がりにしてみました。かぼちゃも、甘みが強く、ネットリとした食感が特徴の北海道産「えびすかぼちゃ」を選んで、ふんだんに使用しています。

tanitapumpkin_02

このケーキはどのようにして生まれたのですか?

加藤これは店舗のスタッフのアイデアで生まれました。今年の秋の「季節のスイーツ」を考えていたときに、やはり秋は、いも・栗・かぼちゃなどを使ったいわゆる“秋味スイーツ”がいいんじゃないかという声が上がって。

加藤「かぼちゃ」も「ベイクドチーズ」もどちらも元々スイーツでかなり人気のあるものなので、この二つを組み合わせることに決めました。

これまでお話をお聞きした二つのスイーツはどちらもとっても低カロリーでしたが、「かぼちゃのベイクドチーズケーキ」のカロリーはどれくらいですか?

tanitapumpkin_03

加藤「かぼちゃのベイクドチーズケーキ」も1個94kcalです。お砂糖を上白糖ではなく、やさしい甘さの「きび砂糖」を使用することで、カロリーを抑えるように工夫しています。

加藤また、チーズの割合が増えれば増えるほど、やはりカロリーは比例して高くなってしまうので、チーズの濃厚さはしっかり感じられるようにしつつも、カロリーとのバランスを見ながらレシピをつくりました。

tanitapumpkin_04

作り方での工夫はどうですか?

加藤丸の内タニタ食堂では「素材本来の味を活かす」ということを大切に考えているので、かぼちゃの食感や味わいを活かすように、焼き加減を工夫してしっとり仕上げています。人工甘味料や添加物もほとんど使っていないので、食後に召し上がっていただいても体に負担がないんですよ。

「かぼちゃのベイクドチーズケーキ」のおすすめの飲み物はありますか?

加藤一緒に召し上がっていただけるオリジナルのコーヒーがおすすめです!「タニタプレミアムブレンドコーヒー」といって、脂肪燃焼効果があると言われる「クロロゲン酸」が一般のコーヒーに比べて約2倍多く、おいしさにもとことんこだわりました。

tanitapumpkin_05

2倍とはすごいですね!少し酸味が感じられて、すっきりとした後口で飲みやすいです。脂肪燃焼効果が高いのは、豆に秘密があるんですか?

tanitapumpkin_06

加藤これは豆の違いではなくて、クロロゲン酸を多く残す特殊な焙煎方法を使っているんです。おいしさとの両立がすごく大変なんですが、丸みのある酸味と甘みが合わさった味わいを作り上げました。ケーキとセットでもお召し上がりいただけますし、テイクアウトでも販売していますので、ぜひお試しくださいね!

教えてくれた人
加藤めぐ美さん
株式会社タニタ食堂取締役。レストランなどの飲食店で製菓製造を経験し、洋菓子研究家のアシスタントを経て2011年に株式会社タニタへ入社。以来厨房チーフとして「丸の内タニタ食堂」の運営に携わる。目標は、「全国に26店舗あるタニタ食堂を、47都道府県すべてに作ること!」
商品リスト
かぼちゃのベイクドチーズケーキ
350円