今回お話を伺った『Filica(フィリカ)』は、東急大井町線・緑が丘駅からほど近い場所に位置するおやつ工房。ここでお菓子の製作・販売をするのは、料理家のいしいあやこさんです。お菓子教室やフードイベントでの活動を経て、2016年にこの場所でオープンしました。

話を聞いているうちに、『Filica』の美味しさの決め手は、いしいさんご自身が楽しみながらつくっていることなのだなと感じました。今回は特別に、いしいさんのお菓子づくりの現場を見せていただきながら、お話を聞きました。

ザクザク食感で食べごたえバッチリ!特製グラノーラができるまで

filica_01

『minne』でも販売している『Filica』のグラノーラは、食べごたえもばっちりなゴロゴロとした食感が特徴。メープルの甘みとほどよい塩加減が、いちど口にするとやみつきになってしまいます。おやつやおつまみとして、そのまま食べるのもオススメです。

その中でも定番商品として人気なのが、『メープルソルトグラノーラ』。ここからは、貴重なグラノーラができ上がるまでの様子をご紹介します!

filica_02

まず用意するのは、写真左のグラノーラには欠かせないオートミール。そして、右は小麦粉。

いしいグラノーラのレシピはいろいろありますが、うちは小麦粉を多めに入れるところがポイントです。小麦粉は生地のつなぎになる役割があるので、多めに加えることで、牛乳などをかけずそのままでも食べやすくなるんです。

filica_03

オートミールと小麦粉、てんさい糖、フランス産の濃度の濃い塩を混ぜあわせ、さらにたっぷりとメープルシロップとエキストラバージンオリーブオイルを加えて、粉っぽさがなくなるまで混ぜ合わせていきます。

filica_04

均一に混ざったら、トレイの上に平らに伸ばしてオーブンへ。焼き上がるにつれて、キッチンにメープルシロップの甘い香りが漂いはじめます。

filica_05

一度焼き上がったら生地をほぐします。その後、さらに二度焼きをしてしっかりと水分を飛ばすことでザクザク感がUP。

filica_06

お店のカウンターには、メープルソルト味の他にも、宇治抹茶やコーヒーなど、大人が楽しめるフレーバーも。これらは『minne』でも購入可能です。

テーマは、からだに優しいしあわせお菓子

『Filica』では、その材料の多くを無添加で安全な製法のものの中から選ぶようにしています。

filica_07

いしい 『Filica』を始める前は、『くらしのおやつ』という屋号でお菓子教室やフードイベントの活動を行っていました。当時からテーマにしているのは、『からだに優しいしあわせお菓子』。身体に優しいものは、きっと心にも優しく寄り添ってくれるんじゃないかと考えました。自分が誰かに食べて欲しいと思うものを楽しみながらつくることを大切にしています。

無添加の材料にこだわった焼き菓子はもちろんのこと、アレルギーにも安心の乳製品や卵・バターを使用しないケーキ、国産の果物を使ったジャムやオーガニックの材料を使ったクッキーも手づくりで提供しています。

filica_08

毎日お菓子をつくるのが楽しくて仕方がないと言ういしいさん。だからこそ、いつも頭には「今度はあんなのをつくろうかな」とアイデアがどんどん浮かびます。

しっとり×ザクザクな「ブルーベリーのクランブルマフィン」

グラノーラと一緒にお菓子づくりの様子を見せてもらったのは、時期によって材料を変えているという「ブルーベリーのクランブルマフィン」。

filica_09

ゴロっとしたクランブルとブルーベリーのトッピングが目を惹きます。その外見とは裏腹に、しっとりふんわりな口当たりが魅力。

filica_10

生地全体にブルーベリーが練りこまれていて、フルーティーな酸味と、まろやかな味わいを一度に楽しむことができます。さて、そのおいしさの秘密とは…?

filica_11

いしいホロホロした食感のマフィンも多いですが、『Filica』ではしっとり感を重視して、一般的なレシピよりも乳製品を多めに加えています。そうすると優しくまろやかな味わいになるんです。

いしいオリジナリティを出すために自家製のシロップを混ぜ込んで焼くことが多いですね。このマフィンでは、今が旬のブルーベリーのシロップに、さらにフレッシュな粒をまるごとトッピングしています。

filica_12

いしいさんが楽しみながら生み出すお菓子たちは、見た目もとってもキュート。さらに、お菓子を引き立てる緑が丘のお店の内装にもこだわりポイントがあるそうです。

昔はラーメン屋さん? センスが光るお店の内装にも注目

filica_13

ホワイトを貴重とした店内は、ミニマルながらもどこかあたたかみを感じる雰囲気。手がけたのは、オフィスの内装などでも活躍する建築士の井田耕市さん。

いしいもともとは古いラーメン屋さんだった物件を、井田さんにあれこれお願いして素敵に改装してもらいました。ドライフラワーの装飾は、隣駅の自由が丘にあるお気に入りのお花屋さん『La・Bouquetterie』のものを使っています。

子どもに安心なおやつを食べさせたいと願う近隣のお母さんたちの間で着々とファンを増やしている『Filica』。イートインスペースもあり、珈琲を中心としたドリンク類の提供もしているので、自由が丘からのお散歩がてらにやってきて、ここで一息つくのもオススメです。

filica_14

いしい『Filica』をオープンさせてから、お客さまと直にコミュニケーションを取れるようになったことが何よりも嬉しいです。これからもより多くの方々に知ってもらい、いずれはここを目的地として遠方からも来ていただけるようなお店にしていきたいです。

そう話すいしいさん。お店をもっと知ってもらうために、『minne』の存在は大きいのだそうです。

『minne』を始めてから、遠方からの注文も増えました

filica_15

いしいお店をスタートする前から、ホームページ上でオンライン販売は行っていました。しかし、ここからの注文はすでに私のことを知ってくださっている方がほとんど。『minne』を始めてからは、遠方からの注文もいただけるようになりつつあります。

取材の最中にも、『minne』経由で注文があった三重県のお客さまにお菓子を発送していました。

いしいこうして遠くの方にも私のつくったお菓子を食べてもらえると思うと、とても感慨深いです。

最後に、いしいさんにこれから考えていることをお聞きしました。

こだわりは、心の底から楽しみながらつくること

filica_16

いしい一番大事にしているのは、自分が誰かにあげたいな、と思うお菓子を、心の底から楽しみながらつくること。『Filica』のお菓子を食べた人に笑顔になってほしい、そんな想いを込めて一つひとつつくっています。量産ではなく、大事につくったものを少しずつ、さまざまなバリエーションで販売していくので、個人店ならではの細やかなこだわりを楽しんでいただきたいです。

素敵な店内へ直接ふらりと立ち寄っても、まずは『minne』で購入してからでも。『Filica』の “しあわせお菓子” を、ぜひ味わってみてください。