raika_01

やってきました、お買い物の聖地・伊勢丹新宿店、5階にありますインテリアフロア。色とりどりのラグやファブリック器やテーブル。キョロキョロしているだけで心ときめく、インテリア好きにはたまらない空間です。

その奥にあるのが、今日のお目当てである「賚果」。ライカ、と読みます。

raika_02

ここは、創作和菓子で有名な源吉兆庵がプロデュースするとっておきのカフェ。

インテリアフロアは初めてという方も安心してください、絶対このカフェを気づかず通り過ぎるなんてことはありません。なぜなら、窓越しに見えるダイニングチェアとソファが素敵すぎるから。印象が強すぎるから。2度見せずにはいられないから!!

raika_03

こちらはすべて、mina perhonenの代表作でもあるファブリック「tambourine」を使った作品。なかでもダイニングチェアは、mina perhonenのテキスタイルを使ったマルニ工房の「HIROSHIMA」という名作。mina好き女子なら間違いなくキュン死注意の空間なのです。

ちなみに賚果は、リビングフロアと連携したミュージアムカフェ。この椅子が欲しくなったら、同フロアのショップで同じ物をオーダーできるし、購入可能なアート作品が店内の壁に飾ってあることもあるんです。

そのほか、和紙デザイナー堀木エリ子さんの創作和紙を使った空間演出も美しく、とにかくうっとりハイセンス。席の間隔もゆったりとしていて、隣りのテーブルのことをあまり気にせずのんびりリラックスして過ごせます。

……って、ごめんなさい、ここまでインテリアのことしか書いてない。あ、ほら、今日の主役のフォンダンショコラが運ばれてきましたよ。

raika_04

って、むちゃかっこいい! 器が素晴らしくかっこいい。
あかん、また、お菓子以外のところで目が釘付けに。

こちらは二階堂明弘さんという作家さんによるものだそうで、シックな黒色とずしっとした質感がたまらなく上品でシック。ショコラのこげ茶色もザクロの赤も、お皿とのコントラストでより美しく引き立っています。

ほんと、「食」を輝かせるためには、「衣」も「住」も軽んじてはいけない大切な要素なんだな、としみじみ。次回こちらを訪れるときには、お気に入りのmina perhonenのワンピースを着てこようと心に誓った私でした。

さて、満を持して、フォンダンショコラをいただきます!

raika_05

なんとなくTVとかで見たことのある、「フォークを入れた瞬間、なかのあつあつショコラが溶け出してくる」あれを想像してちょっと緊張しつつフォークを入れたら、あれ、思ってたんと違う!

なんていうんでしょう、これは、あれです。ケーキそのものが、とろけています。ケーキにフォークを入れたら中身がとろり、ではなくて、どこをどう切っても「とろり」。いや、「とろり」というより「ねっとろり」。

もちろん、外側はしっかり、内側はやわらかなんです。でも、やっぱり、100%ねっとろり。

超濃厚なチョコレートの甘さが舌の上でにゅにゅっと溶けて、身体のすみずみまで染み渡ります。濃厚なのに、しつこくなくて、気づいたら一瞬でなくなっているこの感じ。ほんとに美味しい。泣けます。

raika_06

店長の石橋さんにこの「ねっとろり」の秘密を聞いたところ、オーブン内の温度を二段階に変えながら焼くことで、外側のしっかり感と内側のとろっと感を絶妙にコントロールしているんだとか。

うーむ、わかったようなわからないような。家では絶対真似できないプロの技であります。

そうそう、賚果のフォンダンショコラを語る上で欠かせないのが、たっぷり上にかかっているキラキラのザクロ! これがまた、フレッシュで甘酸っぱくて本当に美味しい。そういえばわたし、上京して10年になりますが、東京のお店でざくろをいただいたのって初めてかも。

小さなころからざくろは特別な果物。よく祖母が持ってきてくれたなあ……と、幼少期の記憶まで立ち上がるほどのみずみずしさ。

まさに「賚果」のコンセプト(天からのさずかりもの(「賚」)である旬の「果物」を使ったお料理やデザートが食べられるカフェ)にふさわしい、とびきりリッチなひと皿です。

ああ、眼福、口福。ごちそうさまでした!

raika_07

商品リスト
フォンダンショコラ
1296円