belamer_01

日本を代表するショコラ専門店

新宿伊勢丹をはじめ、百貨店中心に14店舗を展開するショコラ専門店「Chocolat BEL AMER(ショコラ ベル アメール)」。今年5月にベル アメールのほぼすべてのラインナップが揃うフラッグショップ「Chocolat BEL AMER紀尾井町店」が、「赤プリ」の跡地に建った商業施設「東京ガーデンテラス 紀尾井町」にオープンしました。

belamer_02

「ベル アメール」と言えば、直径約6cmの丸い板チョコレート「パレショコラ」が有名。今日は、ベル アメールのシェフショコラティエと、紀尾井町のセールスマネージャーの江崎梨沙さん(記事トップ写真)に、ロングセラー商品である「パレショコラ」についてたっぷりお話を伺ってきました。

まずは、「パレショコラ」のコンセプトについて教えてください。

ショコラティエ外国のチョコレート屋さんでは大体、板チョコレートは100gほどで販売されています。日本人のチョコレートの消費の仕方は諸外国とは異なり、1枚で幾通りもの味が楽しめるお得感だったり、味や食感のバリエーションや見た目の美しさがより重要視されたりします。

ショコラティエ「パレショコラ」は、日本人が好むような「ちいさく、かわいらしいビジュアルで何種類ものバリエーションが楽しめる」チョコレートとして開発しました。

belamer_03

現在、何種類くらいあるのでしょうか。

江崎約50種類を揃えています。私が入社した9年前は、定番が約20種類でしたが、年々増えて、気づいたら50種類以上です。

そんなにあるんですね!一番人気の商品について教えてください。

江崎ナッツ類やドライフルーツをチョコの上にトッピングした「マンディアン」シリーズは不動の人気商品です。口に入れる場所によっていろいろな味や食感を楽しむことができます。

江崎また、中にウイスキーやワインなどのリキュールジュレを入れた「センターリキュール」シリーズも人気です。キラキラと輝くビジュアルも人気の秘密ではないでしょうか。もしどれを選んだらよいか悩んだら、ビターチョコベースの一枚をおすすめします。ぜひ、店名である「BEL AMER」=「美しい苦み」を感じてもらいたいですね。

belamer_04

ちなみに、誕生時はどのくらいの種類があったんですか?

ショコラティエ当時15種類のパレショコラでスタートしましたが、現在はほとんど残っていませんね。パレショコラは毎シーズンごとにお客さまのニーズに合わせて、また、ビジュアルにも飽きがこないようリニューアルを続けています。

さまざまなニーズがあると思いますが、みなさん、どのような用途で買われるんですか?

江崎大部分の方が、贈答品として購入されています。たとえば「Thank you」というメッセージが書かれたものや幸せの象徴である豚をモチーフにした「ラブピッグ」などは、結婚式の引き出物に。「丹波黒豆」や「抹茶小豆」など日本色の強い商品は、外国の方のお土産としてよくご利用いただいています。

江崎この前は、お孫さんがおばあさまの米寿のお祝いに贈られました。さまざまな用途にこたえられるよう、パッケージも豊富に取り揃えています。

belamer_05

夏にオススメのパレショコラを選んでいただきました

belamer_06

そのバリエーションの多彩さから、プレゼントの目的や贈る相手に合わせて、いろいろと悩みながら選ぶことができるのも「パレショコラ」の魅力のひとつ。そこで、CAKE.TOKYOの読者向けに「夏におすすめのパレショコラ」を5種類、江崎さんに選んでいただきました。

江崎さんが選んだのは、緑が美しい「センタープラリネピスタチオ」、優しいピンク色の「センターリキュールベリー」、オレンジ風味のホワイトチョコとビターチョコがミックスされた「オレンジノワール」、カクテルの「ブルーハワイ」をイメージして作られた「ブルーハワイ」、七夕の天の川をイメージした「ミルキーウェイ」の5品。

belamer_07

チョイスの基準は、口当たりの良さ、夏らしい爽やかなビジュアル、そして、受け取った人のサプライズ感だそう。5種類それぞれが、個性が光るおいしさ。

中で最も印象深かったのが、「センタープラリネピスタチオ」でした。センターに忍ばせたプラリネピスタチオペーストはとても濃厚な味わい。ピスタチオ好きにはたまりません!

また、「センターリキュールベリー」は、中にフレーズのジュレとリキュールが入った一品。フランボワーズの香りが口いっぱいに広がります。なお、夏の訪れを感じさせるデザインの「ブルーハワイ」と「ミルキーウェイ」は、この夏の限定商品です。

現在、紀尾井町店限定で、特別なパレショコラがさらに進化した「プレミアムパレ ショコラ」3種も販売中。

belamer_08

「フルーツとそれに合うチョコ」の組み合わせをテーマに、9センチ角の大きな四角い板チョコレートにドライフルーツやナッツをたっぷり載せた贅沢なショコラです。「いちじくプラリネ」は、お酒との相性もバツグン!

小さな世界に広がる無限のチョコレートの可能性を追求するベルアメールの「パレショコラ」。今後の展開から、目が離せません。