[3大要素]
いちご / 旬のものをたっぷりと(2/3パック使用)
スポンジ / ロールケーキ状にアレンジ
クリーム / 注文を受けてから泡立てるフレッシュなクリーム

こんなショートケーキは初めて?型破り&ボリューミーなひと皿

こちらのショートケーキは、とにかくインパクトがすごいですね! こういうショートケーキもあるんだ、と、自分の中の新しい扉が開いたような気持ちです。

シェフありがとうございます。

こちらのショートケーキが生まれたきっかけについて教えてください。

シェフ単純に、たくさんいちごが食べられるデザートがあればいいな、と思ってつくってみたのが始まりです。

一般的なショートケーキは、ケーキの構造上仕方ないことなのですが、どうしてもクリームが硬めになりますし、量も少なくなります。クリームをもっとやわらかくして、いちごとクリームとスポンジの量も増やして、それぞれたっぷり自由な順番で食べてもらえたら、と思ったんです。

vannier_01

たしかに、このいちごのボリューム感はすごいですね!見ているだけで幸せな気持ちになります。

シェフひと皿あたり、2/3パックは使っています。いちごの量でいうと、もしかしたらうちのショートケーキが日本一かもしれません。

よく見るといちごの中に、数枚だけ、桜の花びらの形になっているものがありますね!

シェフこれは、目で楽しんでいただくためのちょっとした工夫です。梅の時期は梅の花にしたり、桜の時期は桜の花びらにしたり、気分でハート形にしたりと、その時々で感じたようにデコレーションも楽しんでいます。

vannier_02

よりフレッシュな味わいのために、クリームづくりは注文を聞いてから

vannier_03

クリームは、注文がはいってから泡立てると聞いたのですが、何かこだわりがありますか。

シェフ単純に、作り置きをしたくないのと、よりフレッシュでおいしい状態で食べていただきたいという理由です。うちは、やわらかめ、たっぷりめが特徴なので、クリーム好きな方には心ゆくまでクリームを楽しんでもらえます。

スポンジは、ロールケーキ状になっていますね。

シェフこちらはしっかりと食べごたえのあるスポンジに、自家製のいちごのジャムを効かせています。

ひんやり冷えたスポンジに、ジャムの甘酸っぱさがほどよいアクセントになって、とってもおいしいです。

vannier_04

フォトジェニックなケーキだけど、撮影に夢中になるのはほどほどに

vannier_05

もしかしたら、SNSの写真でカフェヴァニエールのショートケーキを知った、という方も多いのではないでしょうか?

シェフそうかもしれません。このケーキは、みなさん本当に写真をたくさん撮ってくださいます。

美しいと思っていただけるのはうれしいのですが、クリームは空気に触れた瞬間から分離が始まるので、できれば少しでも早くフレッシュな状態で召し上がっていただきたいですね(笑)。

「ショートケーキ」はいつごろまでいただけますか?

シェフ旬が終わると、ショートケーキも終了です。その年によって異なりますが、だいたい毎年11月後半から、5月の連休明けくらいまでかな、という感じです。

ほかに、おすすめの商品はありますか?

シェフハイパーグラニテというかき氷を使ったパフェ(1300円)や、ベークドチーズケーキ(1000円)なども気に入ってくださる方が多いです。

vannier_06

心のこもったひと皿に、「おいしくなぁれ」の魔法をかけて

vannier_07

シェフがケーキをつくるときに大切にしてらっしゃることはありますか?

シェフとくにこだわりがないのであまり言うことはないんですが……、つくるときはいつも、「おいしくなぁれ」と心のなかで唱えながらつくっています。

それは、とっても素敵な習慣ですね! 最後に、シェフにとってショートケーキとはどのような存在ですか?

シェフ常連のお客さまから「ショートケーキが食べたい!」という声があがって、それならと自分流につくってみたのがこのケーキなんです。いまはおかげさまでショートケーキ目当てに仙川まで足を運んでくださる方も多くて。ありがたいです。

vannier_08
商品リスト
ショートケーキ
1600円