りんご飴を最後に食べたのは、いつだったか、覚えていますか?

わたしは小さい頃に、親と行ったお祭りで何度かりんご飴を買ってもらいました。ただ、お祭りのりんご飴って、飴が分厚くて、食べるのにすごく時間がかかるんです。

それで、やっとの思いで中身にたどり着いたぞ!と思ったら、肝心のりんごは小さくて、一瞬でなくなっちゃう。宝石のようにきれいで可愛らしい見た目に惹かれて買うものの、食べ終わりにはいつも少しさみしい気持ちになる。わたしにとってのりんご飴は、そんな食べ物でした。

でも、今は違います。

ポムダムールトーキョーのりんご飴を食べてから、わたしのなかの「りんご飴」に対するイメージは、すっかり変わってしまったんです。それはもちろん、いい意味で。