こんにちは、えみ(@himawari_emi)です。

ここ数年、日本でもお店で買って食べたり、自分でつくったりと見かけることが多くなった「ガレット・デ・ロワ」。今回は、このフランス伝統菓子のレシピを紹介させていただきます。

でもその前に、ガレット・デ・ロワってなに?という方のために、少しだけ説明をしてから始めようと思います。

「ガレット(galette)」とは円いお菓子のこと、「ロワ(roi)」とは王様のこと。つまり「ガレット・デ・ロワ」は「王様のケーキ」という意味。フランスで1月6日の公現祭(東方の三博士がキリストの生誕を祝って訪問し、礼拝したといわれるキリスト教の祭日)のときに食べるお菓子です。

このケーキの中には〝フェーブ〟と呼ばれる小さな陶器を入れ、切り分けたときにそれを引き当てた人は幸せな1年を約束されると言われています。