はじめまして、ライターの嘉手川です。チョコレートが本当に大好きです。

チョコレートって、素晴らしいんです。基本的な材料は、カカオ豆とお砂糖。これは変わりません。でも、豆の品種や品質、作り手さんによって、み〜んな味が違うんです!

たとえば、同じ豆と同じお砂糖を使っても、作り手さんや場所が違うと、味が変わるんです。そういうのがすごく面白いし、それだけじゃなくて、とっても美味しい。

わたしは、とにかくチョコレートが大好き。きっかけは、中学生のときに読んだフランスのショコラティエ、ジャン=ポール・エヴァンの『ショコラの愉しみ』という一冊のレシピ本でした。写真のなかで輝きを放つチョコレートたち、チョコレート界のトップであり続けるエヴァン氏の情熱を見て、チョコレートの奥深さや芸術性に魅せられました。流行のBean to Barも、宝石のようなボンボンショコラも、みんな愛しています。

……1年ほど前でしょうか。ツイッターのチョコ好きのあいだで、「チョコ係さん」「すずなさん」と親しみを込めて呼ばれている方の存在を知りました。名前は、栗林寿瑞奈(くりばやし すずな)さん。

彼女のお店「c7h8n4o2」で扱うチョコは、どれも食べたことのない魅力的な子たちばかり。実際に商品を見てみたいと思い催事に足を運んだときから、チョコ係さんのチョコ好きには頭が上がりませんでした。

そんな私の尊敬する「チョコ係」さんに取材依頼書を送り、今回特別にインタビューさせていただきました。実はこのお店の名前の由来は、チョコレートに含まれる「テオブロミン」という成分の化学式。店名からチョコ愛に満ちた、チョコレートを専門に取り扱うセレクトショップです。

約1年前、c7h8n4o2で購入したチョコレートたち。ショコラタリアエクアドルのレモンガナッシュとポートワインガナッシュ、イディリオオリジンのチョコレートスプレッド。どれも人気の定番商品です。