“スペシャル”と名付けられた由縁とは?

当時から人気がある“ひと口サイズのチーズケーキ”の更なる逸品をと開発、1997年に発売した「スペシャルチーズケーキ」。

shiseidoparlour_01

何が”スペシャル”なのかというと…

まずひとつめは、資生堂パーラーの定番であるひと口サイズのチーズケーキよりも、チーズの量が格段に多いこと。しっかり厚みのあるビスキュイ生地の中にたっぷりのチーズクリームが詰まっていて、ずっしりとした重みも感じられる。

ふたつめは、厳選された原料。「資生堂パーラー」では、特徴にあわせて厳選した原料を使用しているが、こちらにはクリームチーズそのもののコクと酸味のバランスから、デンマーク産のチーズを使用。濃厚でなめらかな口どけのチーズクリームには、風味豊かな北海道産の小麦粉を使ったほんのり甘いビスキュイ生地を合わせ、バランスよくまとめている。

そして3つめはなんといっても、1日の販売個数が15本限定ということ。しかも、ここ銀座本店ショップでしか買うことができないのだ。1本1本職人が手焼きをしているため、どうしても1日に販売できる数が限られてしまう。誕生以来大人気でほとんど毎日完売してしまうというから、ぜひ早めに来店を。

これぞチーズケーキの醍醐味。圧倒的なチーズ感を味わえる逸品

shiseidoparlour_02

ひと口ほおばると、濃厚なチーズの風味はもちろん、何より驚いたのは食感だ。しっかりとした生地だが、しっとりと焼き上げられたNYチーズケーキとも違う、不思議な舌触り。これはもう、“チーズケーキ”というより“チーズのそのもの”と言った方がわかりやすいかもしれない。

クリームチーズの爽やかな酸味が効いているおかげで、濃厚なチーズを味わっているようでいて、あとに引きずる重さはなく風味だけがかすかに口の中に残る。この控えめでキレのいい甘さには、男性ファンも多いとか。

またケーキといえば合わせるのは、コーヒーか紅茶が一般的だが、聞くと意外にもお酒との相性も抜群なのだそう。

そこで、ソムリエの経験もある資生堂パーラー広報担当の冨澤さんに、おすすめの組み合わせを教えていただいた。
「スペシャルチーズケーキに合わせるなら、白ワイン。ブルゴーニュ産の上品な味わいのものがおすすめです。もしくは、昼下がりにシャンパンを片手に」

大人のためのチーズケーキ。チーズ好きにはたまらないチーズケーキだ。

銀座本店ショップ限定品も要チェック!

shiseidoparlour_03

スペシャルチーズケーキはもちろん、この場所に訪れたらチェックしてもらいたいのが、銀座本店ショップ限定商品。

資生堂のシンボル、「花椿マーク」をモチーフにしたチョコレートにひと目ぼれ。このかわいさといったら!こちらは、ひと粒から購入できる。

shiseidoparlour_04

その他、プティフール セックやバームクーヘンなど、銀座本店ショップ限定の商品が多数。そして、スペシャルチーズケーキをはじめ限定商品には、限定のペーパーバッグがつく。淡いピンクやイエローをベースに鮮やかなデザインが施された特別なペーパーバッグで、さらに気分もアップ!どこまでも乙女心を掴んで離さない、にくい演出だ。

これからの時期、帰省時やお出掛けの手みやげには、ここでしか買えない逸品をぜひ!

商品リスト
スペシャルチーズケーキ
3240円