伝統を継承するコクと甘み

johann_01

1978年の創業以来、変わらない味で愛され続けているヨハンの4種類のチーズケーキ。なかでも「メロー」は、先代オーナーの和田利一郎氏が心底愛した伝統の味を表現した、最もオリジナルに忠実なレシピだ。

オーストラリア産フィラデルフィアチーズによる濃厚でまろやかな甘みとしっかりとしたコク、そしてレモンピールとオレンジピールのさわやかな酸味。こっくりとクリーミーなのに、後味は不思議とさっぱり。無着色、無香料、無水、保存料不使用、と原材料もとてもシンプル。余計なものが一切入っていないから安心して食べられるし、冷蔵すればある程度日持ちするのもうれしい。

わたしも5日間連続でいただいてみたけれど、一切胃もたれもせず、飽きるどころか食べれば食べるほどやみつきになってしまった。シンプルなのに唯一無二。この味わいは、どうしたってヨハンだけのものだ。

johann_02

男性へのお持たせにも最適

johann_03

取材中印象に残ったのが、ひっきりなしにヨハンを訪れるお客さまのうち、約半数は男性だったこと。お持たせやお土産にとまとまった量を買い求める方も多い中、メローを一切れだけ買い求める年配の男性もちらほら。

ご高齢のお客さまから、「甘いものは苦手だけどヨハンのチーズケーキは別」「お酒の肴としても最高に合う」「闘病中でまったく食欲がないけれど、ヨハンのチーズケーキだけは食べられる」などの声が寄せられているそうで、これはもはや嗜好品というよりも、なくてはならない大切な存在、とでもいうべき愛され方ではないですか。

小さな子どもとお年寄りが、同じ食卓を囲んで、笑顔で美味しさを共有できる。季節が変わっても、月日が流れても、中目黒に行けばヨハンのチーズケーキが待っていてくれる。まるで故郷のようなこんな安心感もまた、ヨハンの持つなによりの魅力だと思う。

johann_04

商品リスト
メロー
380円