待ち時間も楽しめるオープンな店構え

bake_01

まるでNYの街角に迷いこんだかのようなスタイリッシュな店構えと、自由が丘の名物となりつつ長蛇の列。そしてその列越しに見える、ずらりと並んだ鉄板の上の焼きたてチーズタルト。さらに首を伸ばして奥をのぞくと(食いしんぼうですみません)、スタッフがてきぱきと作業をしている厨房も目に入る。

常にフレッシュなものを提供するために、チーズタルトの量や焼くタイミングは、行列に並ぶお客さまの人数を見ながらその場で加減しているというから驚きだ。期待に胸がふくらんで、行列に並ぶ時間も体感的にはあっというま。店内に充満する焼きたての甘い香りに、ますますスイーツ欲がそそられる。

工房一体型スタイルで、常に焼きたてを提供

bake_02

自由が丘店の最大の魅力は、作る場所と売る場所が同じという工房一体型のスタイル。作り置きはいっさいせずに、焼きたての香りと食感、味わいをその場で提供していく。

テイクアウトはもちろん、フレッシュな味わいをすぐに楽しみたい人のために、2階にはリラクシンなイートインスペースも。珈琲といっしょにあつあつのチーズタルトをいただくことのできる、なんとも幸せなおもてなしに心が躍る。

 

社長の長沼真太郎さんは、現在29歳。北海道で30年以上にわたって愛され続けている老舗の洋菓子店、「きのとや」のご子息だ。創業からたった2年で、世界中からラブコールが届くほどの人気店へと成長を遂げたが、お店の規模が大きくなっても商品はあくまでチーズタルト一筋。

「店舗のイメージを明確にし、一商品の美味しさをとことん追求できる」から、一店舗一商品主義というのは譲れないモットーなのだそう。

bake_03

BAKEのモットーは「お菓子にもっと新しい価値を」。老舗の技術と改革的な試みから生まれた新しい美味しさから、ますます目が離せない。

bake_04
商品リスト
チーズタルト 1ピース
216円
チーズタルト 6ピース入りボックス
1242円