美食の館、海外進出第1号店

パリに本店をおくダロワイヨ。創業は1802年にオープンした「メゾン・ド・ガストロノミー(美食の館)」。でも、実はその歴史はさらに古く、なんと17世紀にまでさかのぼる。

dalloyau_01

dalloyau_02

ルイ14世の時代よりベルサイユ宮殿にて4代にわたって食膳を担っていたのがダロワイヨ家。日本では洋菓子のイメージが強いけれど、パリでは高級食材を扱う老舗中の老舗なのだ。

dalloyau_03

その美食の館が初の海外進出したのがなんとこの自由が丘、1982年のこと。自由が丘は当時より、どこかフランスっぽさが漂う街だったからだとか。

伝統とモダン、フランスらしさと日本らしさ

日本に進出して30周年記念のときには抹茶や栗、ゆずなどの日本らしい素材をつかったオペラも登場したそう。

「老舗として知られるダロワイヨですが、オペラも誕生した当時はかなり前衛的なデザインだったと思うんです。今でも伝統の味やデザインを今風にアレンジするなど、常に新しいことに挑戦しているのがダロワイヨ。フランス本国でも新商品への研究に余念はありません」

年に2回、その新作を携えてフランスのシェフが日本にやってくるそう。そのプレゼンテーションをうけて、日本でどの商品を扱うか、またどうアレンジするかがパティスリーシェフで製品開発室長の中野賢太さんのお仕事。

「ダロワイヨらしい伝統と技術をもって、日本ならではの素材も積極的に使っていきたい。そしてお客さまの日常に馴染むようなケーキを提供できればと思っています」

ダロワイヨ。パリジェンヌだけでなく自由が丘ネーゼの日常にもなくてはならない、「美食の館」。フランス食文化に名を残す銘店の味を、ぜひ自由が丘で。

dalloyau_04

dalloyau_05

商品リスト
オペラ (小)
1620円
オペラ (大)
2160円