甘くて冷たい、新感覚のハッピースイーツ

glaciel_01

みなさんは「アントルメグラッセ」という言葉をご存知だろうか?

正直、私は初耳でした……。アントルメグラッセとは、アイスクリームで作ったデコレーションケーキのこと。日本ではまだ一般的ではないものの、フランスやベルギーをはじめとするヨーロッパでは一年中親しまれているポピュラーな存在なのだそう。

glaciel_02

そのアントルメグラッセをいちはやく楽しめるのが、今回紹介する「グラッシェル」。表通りから一本入った路地に佇む北国の邸宅のような一軒家に、若い女性たちが次々と吸い込まれて行くのが見えるはず。

glaciel_03

glaciel_04

グラッシェルは、全国に熱狂的なファンを持つチーズケーキ「ドゥーブルフロマージュ」で知られる北海道のスイーツブランド「ルタオ」の姉妹ブランドとして2013年夏に誕生。ルタオで培われた最新の冷凍技術が存分に生かされていると聞いて、ますます期待がふくらんでしまう。

店内に一歩入ると、てんとう虫やおもちゃのブロックを模したものなど、カラフルで立体的なデザインに、思わず釘付けになってしまうこと請け合い!

glaciel_05

glaciel_06

アイスでできているからこそ、生ケーキ以上にビジュアルで遊び心を表現できるのがアントルメグラッセの魅力のひとつ。パーティーに持っていけば、みんなの歓声を浴びること必至の愛らしさだ。

glaciel_07

フランスの伝統スイーツをアイスクリームで新構築

glaciel_08

2015年秋に登場して大好評を博しているのが、見た目も華やかな「プロフィットロール」。

幸せが天まで届くようにシューを山のように積み、幸せのお裾分けとしてひとつずつシューを分け合って食べるフランスの伝統的なデザートを、アントルメグラッセで表現した新感覚の一品。

こだわりのバニラアイスとチョコレートアイスをたっぷり使い、決め手のプティシューもバニラアイス入り。チョコレートアイスとバニラアイスのバランスが絶妙で、チョコレート好きなら感激すること間違いナシ!

作り立てのフレッシュ感と舌の上で冷たくとろけるなめらかな食感、本当にたまりません。

ちなみに紅茶やコーヒーはもちろん、ビールとの相性も抜群だそうで、大人の集まりにもぴったり。

CMO室の安達 亨さんによると、アントルメグラッセとビールを楽しむイベントも毎月グラッシェルで行っているとのこと。ベルギーの「レフ ブロンド」のように、バランスの取れた味わいのビールが特におススメだそうです。

glaciel_09

ちなみにおすすめの食べ方は、
① 冷凍庫から出して5分ほど室温に置く
② 熱湯につけたナイフで切る
③ 霜が取れて、表面がつやつやしてきたら食べごろ……だそう。

5分後、10分後、15分後と解凍が進むにつれて味や食感が変化し、違った味わいが楽しめるのもアントルメグラッセの醍醐味。ぜひゆっくりと味わいながら、自分にとってベストな食べごろを探してみて。

商品リスト
プロフィットロール(12cm)
3780円
プロフィットロール(15cm)
5400円