商品のネーミングにも入っていますが、「本和香糖」とはどういうお砂糖なんですか?

日向「本和香糖」は沖縄産のさとうきびでつくられたお砂糖です。

お砂糖というのは、上白糖やグラニュー糖などのように徹底的に精製してつくる「精製糖」と、原料にあるミネラル分を含んだままつくる「含蜜糖(がんみつとう)」に分けられます。「本和香糖」はさとうきび100%の「含蜜糖」で、ミネラル分を活かしたマイルドな味わいが特長なんです。また、一般的なお砂糖よりも甘みを強く感じるので、使用量を控えることもできます。どうぞ、試してみてください。

粒がさらさらとしていますね。“ほんわか”上品な甘さですが、コクがありますね。これ、店舗で購入できるのですか?

日向はい。どんなお料理にも合うので、私は自宅でも使っているんです。これでお料理すると、とてもおいしく仕上がります。

わたしはチーズケーキが大好きでいろいろとこだわりがあるのですが、本和香糖の「チーズケーキ」は好みの味です。チーズケーキにはレモンを入れるものが多いですが、これはレモンを使っていないので、チーズと「本和香糖」の甘みと香りをしっかりと味わえますね。

日向「本和香糖」は特に乳製品との相性がよくて、クリームチーズの味をまろやかにしてくれます。グラニュー糖だと味がちょっととがってしまうんです。

やさしい味なのに濃厚。食べ続けるたびにその深みにハマってしまうかんじです。メニュー開発ではどんなところに気を配られましたか?

“きゅっ”と詰まった濃厚感

日向ふっくらスフレ系から、ずっしり濃厚系まで、いろいろなパターンを作りました。

デザートは好みが分かれるもので、それぞれの方向性に正解があると思うのですが、チーズケーキは「今の自分がおいしいと思うものをお出ししたい」という気持ちを大切にして、企画会議で粘り、最終的にはきゅっと詰まった「やや濃厚系」に決まりました。

日向さんの粘りが実を結んだチーズケーキなんですね!

日向ありがたいことに、とても人気商品になって、店舗の負担を少しでも減らすために、この商品だけ工場でつくることになったんです!

人気になるのには納得ですね! 次は「本和香糖の焼きプリン」のお話を伺います。(つづく)

教えてくれた人
日向桃子さん
2001年より入社。Café & Meal MUJIのスタッフ、店長を経て企画担当に。日向さんの春のオススメのメニューは「クリームソーダ」(550円)。「Café MUJIのソフトクリーム」と、クチナシとベニバナの天然色素で作られたやさしい緑色の炭酸ジュースがベストマッチ
商品リスト
本和香糖のチーズケーキ
400円
本和香糖
596円