ふわっと柔らかい生地に甘い餡子が包まれた、どら焼き。口にほうばるたびに優しい甘さが広がり、思わずニンマリしてしまう魅惑的なおかしだ。

小さい頃は餡子が苦手で、祖父母が好む味というイメージだったのに。今では餡子を恋しく想うほど、大好物となってしまった。街を歩いているときにどら焼きを見つけると、亡き祖父が美味しそうに餡子の詰まったどら焼きを食べていた姿を思い出す。